1月 06

たたる善光寺

勤務先用に書いたものの一部修正転載です。


 

お正月の善光寺山門あけましておめでとうございます。こちらのお写真はつい先日撮ってまいりました、お正月モードの善光寺山門です。

善光寺境内には、昨年世界中を席巻しました、Google の位置情報ゲーム「Ingress」のポータルキーやレゾネーターといったアイテムが、普段は見られない量投棄されておりまして、あ、もちろんゲームの中のお話ですが、まるで東京山手線の主要駅のようなありさまになっておりました。これを書いているワタシは善光寺境内でJR奈良駅のせんとくんのポータルキーを拾ってしまいましたが、全国からエージェントの方々がいらしていたのだなあと。御開帳がはじまったらどうなるやら、今から楽しみでございます。

さて、前回なにやら不穏な終わり方をいたしましたが、その続き。

善光寺というのはもちろんお寺なわけで、奉られているご本尊は日本最古のお仏像。となりますと、因縁話のひとつもあるのではないかと。

(続きを読む…)

1月 04

読書:スティーブズ (1)

もうすっかり過去の話になっちゃってるけれど、かつて「パソコン」の開発をしている人たちは変なひとばっかりだった。

それこそメーカーの開発部隊にも、本当はミュージシャン志望だったひととかがわんさかいたし、下請けにしても、昼間はラーメン屋さんで夜プラグラミングしているひととか、本業は有名出版社で有名雑誌の編集をしているのに、こっそり副業でプログラミングしているひととか、そういう人がわさわさいた。

わさわさいるのが普通だったのか、たまたま自分がいたあたりにそういう人が集まっていたのかはよくわからないというところはある。

そして、その頃、プログラムを作るというのは、ミュージシャンが音楽を作ったり、小説家が小説を書いたりすることと同じ、クリエイティブなこととしての意味合いのほうが高かった。と、ぼくは思っていたのだけど、これも僕の周辺だけのことだったのかもしれない。当時も今と同じようにナガノで生きていたので、あまり同じギョーカイのひとと交流はなかったのでよくわらない。

そして、そういう変なヤツらのトップランナーだったのがスティーブ・ジョブズ、スティーブ・ウォズニアック、ビル・ゲイツといった面々だったのは間違いない。

(続きを読む…)

1月 03

2015

2015年という年はどういう年なのだろうか。ちょっと調べてみた。

  • NHKラジオ放送開始から90年
  • 第二次世界大戦・太平洋戦争から70年
  • 日本航空123便墜落事故から30年
  • 阪神・淡路大震災から20年
  • 地下鉄サリン事件から20年
  • ジェッターマルス誕生
  • バック・トゥ・ザ・フューチャーでドクとマーティが訪れた未来

(続きを読む…)

12月 28

善光寺と北向観音

勤務先用に書いたもののの一部修正転載です。


 

marumado

東京駅開業100年を記念した Suica が発売になったそうで。いろいろと騒動もあったようですが。

長野県内ではJR中央線・小海線・篠ノ井線などのごく一部の駅でしか Suica は使えませんが、なんでも来年の善光寺御開帳では善光寺境内でさまざまなことに Suica が使えるとか。東京駅100年の大正チックなデザインの Suica で善光寺の御朱印をいただくなんてのも絵的になかなかかっこいいかもしれませんね。

使えなくてもいいから、チャージだけでも地元でできると、出張で東京行ってから慌てなくて助かるんですけどねェなどと愚痴りつつ、2014年もそろそろ押し迫ってまいりましたね。

年明けの初詣はどこに行こうかな、なんてお考えの方もいらっしゃるのではないかと。

そこはまあもちろん善光寺へ!と言いたいところですが、来年4月から御開帳ですから、それまでのお楽しみに今回はとっておきまして、ちょっと別のところをご紹介させていただきましょう。

信州上田の別所温泉といわれるあたりに、北向観音という観音サマがいらっしゃいます。

(続きを読む…)

12月 18

善光寺と諏訪の神様

勤務先用に書いたものの転載です。


 

諏訪大社

来年4月に迫った善光寺の御開帳ですが、これは数えの7年、実際には6年に1度だけ行われる、とてもめずらしいイベントです。

長野県にはもう1つ、数え7年・実際6年に1度行われるイベントがありまして、しかも決まって善光寺御開帳の次の年に行われます、諏訪大社の御柱祭りというものがあります。

これは諏訪湖の辺り、諏訪大社という神社の「建て御柱」というおおきな天然樹の柱を建て替えるお祭りなのですが、この柱になる木を運んでくる課程がすべてお祭りでして、特に木落し坂という大きな坂から木をすべり落とす際には、その木の上に多くの氏子がまたがって、木と一緒に坂を滑り落ちます。

これが大変な迫力でして、かつてはこれによって亡くなった方が出たりしております。日本を代表する奇祭といわれております。

善光寺の御本尊に関しては前回まででなんとなくわかってきたような気がしますので、ちょっと休憩がてら、諏訪の神様はどんな神様なのか、ちょっとだけ先取りしてみましょう。

(続きを読む…)

12月 12

善光寺と宗教戦争

勤務先用に書いたものに一部加筆・修正しています。


gokaicho-yokoku

先日の善光寺の御本尊はどんだけ古いのかというお話しで、実は日本最古の仏様だったというお話しをさせていただきました。

ちょっと前回書いたのはいろいろ正確でなかったようなので (汗) もうちょっと詳しくみてみましょう。

朝鮮半島にありました百済という国から、日本、というか当時は倭国というのですかね、仏像や経典が国家間の公的な贈り物としておくられてきます。これを仏教公伝というのだそうで。どうやら善光寺の御本尊である阿弥陀如来像もその中の1つだったということのようですね。その阿弥陀如来像の自称ですけれども。

で、まあ当時の欽明天皇が、これどうしたもんかなー、日本でも仏教やるかなーと悩んだわけです。

(続きを読む…)

12月 02

善光寺と先日の地震

勤務先用に12月1日づけで書いたものの一部修正転載です。


zenkoji-jisin-2014

先日の大きな地震から1週間たちました。そろそろ余震も大丈夫かな?というところですね。

ここんところ来年の御開帳に便乗して善光寺の話題を書いておりましたけれども、その善光寺さんにも結構な影響がでているようでございます。

掲載させていただきましたお写真は、Ingress というゲームにおいて善光寺界隈でご活躍されていらっしゃる Icebraker1 さんにご提供いただきました。11月24日撮影のものです。

報道にもありましたとおり、石灯籠や石碑の類がいくつも崩れておりまして、ただ崩れただけならまた積み直せばいいじゃんと思ったものの、お写真を拝見しますとボッキリへし折れちゃってるものも少なからずなようでして、結構たいへんなことのようです。

こ の Ingress、善光寺の灯籠もこのゲームの「ポータル」という拠点になっておりまして、しかもその中でも結構重要な中継ポイントになっておるものもござ いまして、少し前まで長野県全域で Darsana というこのゲームの特別なイベントも開かれておりましたので、場合によっては地震発生時、倒壊した灯籠のちかくにエージェント (Ingress のプレイヤーのことをそう呼びます) がいたりしたんじゃないか、けが人がでなくてなによりであったと Icebraker1 さんのお言葉でした。いやはやまったくでございます。

さて、以前にも書きましたが、大きな地震がおきると、かわら版などで「鯰絵」という、オオナマズを退治する風刺画が描かれるという流行がその昔ございまして、その元祖は善光寺地震が発祥でして、オオナマズを退治したのは善光寺の御本尊である阿弥陀如来だったのであります。

(続きを読む…)

11月 26

オオサクラソウの花の色は

勤務先用に2014年11月26日付けで書いたものです。


ohsakuraso

高原植物にオオサクラソウ (大桜草) というのがありまして、だいたい夏の頃に赤の強いピンクというか紫というか、紅紫色っていうんですかね?鮮やかな色の花があります。なかなか健気に可憐な山野草ですね。

お写真は Wikimedia Commons より拝借させていただきました。Alpsdake 様という方がご撮影された、Creative Commons 表示-継承ライセンスのものでございます。

その昔、白馬岳のふもと、現在の小谷村のあたりに、豪勢なお屋敷のお金持ちが住んでいたそうで。そしてまたそこの娘さんが大変な美人だったそうなんですな。名をたまきさんとおっしゃったとか。

そんなわけなので、たまきさんは大変モテモテだったわけですけども、まあなにせ結婚相手としては好条件ですからね。親としてはお相手は吟味したいわけで、そんじょそこらのヤロウは門前払いを食らわしていたんだそうで。

しかし、いつの間にやらたまきさんは、あんましお金持ちには見えないカンジの、若いイロオトコと密会しているようでありまして。

(続きを読む…)

11月 22

善光寺と冬の花火

勤務先用に書いたものの一部修正転載です。


 

hanabi

先月10月の末は「ハロウィーン」ということで、東京渋谷の街が仮装した方でたいへんな人出だったそうですな。

長野はなんだかんだいって、東京から3年ぐらい遅れて「はやりごと」がやってきますので、今年はそろそろかな?と思っていたのですけど、そうでもなかったようです。

いい年をした若者がコスプレをしてわいわいしているので、なんなんだこれは、そもそもハロウィーンの意味をわかっているのか、などと苦言を呈していらっしゃる方々もお見受けしましたが。

しかし、それを言っちゃあそもそもクリスマスだって、日本では東京銀座あたりで、会社帰りのお父様方がおねえさんとお酒を飲むお店で、年末のキャンペーンとしておこなわれたのが最初だという説があったりします。

というわけで、宗教的、民俗的なおまつりなのに、関係ないひとがうかれるのはどうかということを言われると、いや、いいんじゃない?おまつりなんてそんなもんでしょ?と、言いたくなってしまいますな。

信州善光寺のすぐ近くのあたりに「権堂 (ごんどう)」という地区があります。

(続きを読む…)

11月 22

善光寺ってどんだけ古いの?

勤務先用に書いたものの一部修正転載です。


 

zenkoji_sanmon

前回、 善光寺のご住職でさえも絶対にみることのできない善光寺の御本尊、ホントは存在しないんじゃないのぉ?という疑問に対して、その昔存在が確認されたことは あるのだということ、また、結構昔の古いものみたいなもんで、損傷がとても激しくて、うっかり外に出せないんじゃないかというおはなしをいたしました。

さてさて、それでは善光寺の御本尊というのはどんだけ古いものなのでございましょうや。

善光寺の縁起では、だいたいこのようなおはなしとなっているようです。

(続きを読む…)