それは考えてません

light bulb 雑感
Photo by Pixabay on Pexels.com

自分はプログラマー気質だからなのかもしれないけれど、ある問題があったときに、正攻法では難しいなという場合、発想を転換させるとあの問題もこの問題も解決できるじゃん!てことがあって、そういうのを思いつくとものすごく快感なのである。しかし

こうすればできますよ!あっちもこっちも解決ですよ!

ていうと、

いや、それは考えてません

て返されるときがある。

あれ?どうして?て思うんだけど、ソレについてはこうするためのモノとして導入したんだから、他の使い道というか、発想を転換させるということがそもそも考えの範疇にありません、ということのようである。

いや、考えてませんていうか、考えればいいじゃん、と思うのだが。

そこはもう「こう」て決めたものなので、別のことを考えるのはおいやなようなのである。

わりと優秀な方かつ決定権のある方ほどそうおっしゃる傾向が多くて、まあ愚痴ではあるのだけど、どういう心理というか思考なのかな?といつも不思議に思ったりするのであった。

自分がそういう「立場」じゃないからわからないのだろうか??

コメント