仕事について


例えば◯☓式のアンケートをぽんと渡されて、机の引き出しからペンを取り出してそれにささっと答えて返す。当たり前だけれど、机の引き出しにペンを用意しておく必要があるし、アンケートに答えられる知識なり経験なり見識を持っていなければならない。そして、多くのひとはそのアンケートの設問をつくることができないので、自分が答えるべき設問から自分が考えなければならない。

いつも同じ設問と回答で済む場合もあるし、そうでない場合もある。そのためには、当たり前にできることを増やさなければならない。

仕事って、いやもしかして、「暮らしていく」ということは、そういうことなんじゃないかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です