善光寺と北向観音


勤務先用に書いたもののの一部修正転載です。


東京駅開業100年を記念した Suica が発売になったそうで。いろいろと騒動もあったようですが。

長野県内ではJR中央線・小海線・篠ノ井線などのごく一部の駅でしか Suica は使えませんが、なんでも来年の善光寺御開帳では善光寺境内でさまざまなことに Suica が使えるとか。東京駅100年の大正チックなデザインの Suica で善光寺の御朱印をいただくなんてのも絵的になかなかかっこいいかもしれませんね。

使えなくてもいいから、チャージだけでも地元でできると、出張で東京行ってから慌てなくて助かるんですけどねェなどと愚痴りつつ、2014年もそろそろ押し迫ってまいりましたね。

年明けの初詣はどこに行こうかな、なんてお考えの方もいらっしゃるのではないかと。

そこはまあもちろん善光寺へ!と言いたいところですが、来年4月から御開帳ですから、それまでのお楽しみに今回はとっておきまして、ちょっと別のところをご紹介させていただきましょう。

信州上田の別所温泉といわれるあたりに、北向観音という観音サマがいらっしゃいます。

お正月の初詣は大変な賑わいでして、地元の方にきいたところによりますと、年明けは混んでいるので、参道のお店で売っております名物の厄除けまんじゅう、 これが大変おいしいのですけど、それをウラから行って買ってくるだけでおまいりはお正月が終わってからするなんてお話しもあるそうで。さすが地元の方だけ のことはありますし、地元の方にもかかわらず、そこまでしてでも食べたくなる厄除けまんじゅうあなどりがたし、というお話しでもあります。

映画『サマーウォーズ』の冒頭、主人公が憬れのセンパイに、丸い窓の電車に乗ってどんどん山奥に連れて行かれますが、あの電車の行先が別所温泉なんですな。あのお話しの舞台となったセンパイのご本家はさらにもっと山のほうみたいですけど。

よろしくおねがいしまーす!」なんつって人工衛星が落ちてきて温泉が湧いた、もうちょっと下のあたり、とイメージしていただけると、まあ4割ぐらいは正解、というニュアンスです。

というわけで今回のお写真も、Flickr にて i_yudai さんという方が Creative Commons ライセンスで公開されているものを使わせていただいております。オリジナルはこちら

別所温泉はヤマトタケルが拓いた信州最古の温泉といわれており、池波正太郎の代表作『真田太平記』では、真田幸村公がたびたびここの湯に浸かっていたということになっております。

また北条氏ゆかりの神社仏閣が点在し、その風景から「信州の鎌倉」と呼ばれていたりします。

北向観音はその別所温泉にある常念寺というお寺にありまして、平安時代 825 年に開創。木曽義仲の兵火によって焼け落ちたものの、後に源頼朝が全国の寺院を再建したうちの1つです。実は善光寺も源頼朝が再建したと言われておりますな。

「北向観音」というぐらいですからお堂が北向きに建っておりまして、善光寺が来世のご利益を願いもたらすお寺なのに対し、北向観音は現世のご利益をもたらすということで、どちらかだけにお参りするのは「片参り」であるなどといわれております。

カップルでどちらかをおまいりした場合、もう一方もあわせておまいりしないと、行かなかった方がやきもちをやいて、そのカップルはわかれることになってしまうなどというお話しがあったりします。

---なんだかなあ、なんだかなあですよ

どうしたクマッパチ

---だってそうでしょヨタロー親方。そんなホトケさんがヤキモチ焼くから両方まいれなんて、ちょっと観光商売に走り過ぎじゃねぇんですか?

観光なにが悪い。いいか、これは「物語」を提供しているんだ。作る人も聞くひとも、それで楽しめるならなによりじゃねぇか

---そりゃそうですけどね。でもカミサマならまあともく、ホトケサマってそんな色恋沙汰にかかずりあってていいんでしたっけ?そんなお話しのためだけに仏像たてたりお寺までつくっちゃうてのはいったいどうなんですか

そうかそうか、おまいさんわかってないな

---なんですか?

そのためだけに観音様を北に向けたと思ってるのか?

---違うんですか?

お前の家にも仏壇ぐらいあるだろ?

---ありますよ。ババァが毎日拝んでやがりますが

口が悪いねどうも。その仏壇はどっちを向いてる?

---ウチのばあさん西日にあたって右半分から先にしなびてきてるんで、たぶん南です

ばかいっちゃいけない。でもそうなんだよ。お仏壇は南を向いているのが好ましいといわれているな。お仏壇というのは小さなお寺みたいなもんだから、お寺の御本尊だって南を向いている場合が多いといえる。まあそうでないのも少なくないけどな

---え、てことは別所の北向観音はそんなおはなしのために、ホントは南を向けたほうがいいのに北に向いちゃってるんですか?それこそ罰当たりじゃないですか。とんでもねえ

だからさ。物語なんてぇものはあとからつけられたものかもしれないだろ?そうじゃなくて、そうじゃない別の理由があったとしたらどうだと、あたしは言いたいんだよ

---えと…どういうことですか?

本当は南に向いていてもらったほうが縁起がいい観音様にだ。北に向いてもらわなきゃならねえ、じっくりとそっちを向いて監視してもらわなきゃならねえ理由が、善光寺にあるとしたらどうだ?と、こう言っているんだよ

---…こ、こわいハナシはイヤですよ

というわけで、なんだか妙な展開になってまいりましたが、続きはまた来年とさせていただきたく。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です